なみうちぎわで、おにごっこ

知的境界域(ボーダーライン)の子どもとの日常を綴ります

これまでのこと③

小学校へ(校長先生と面談) 就学前に開かれた、新一年生の保護者対象の説明会。そこで、スクールカウンセラーの方に声をかけ、校長先生との事前面談を設定して頂いた。 WISC の結果を見せ、日常の様子を説明。 まずは通常クラスで様子を見て、課目によっては…

これまでのこと②

入学前準備 やっと、対処しなくてはならない問題がある(らしい)ことに気づき、試行錯誤が始まった。 発達検査を受け、WISCⅣでの全検査IQ 76との診断を受ける。 ははあ~…と、いったものの、その数字をみても、所見を読んでも、その時点ではコトの本質はよく…

語彙

ぴいは、言葉がなかなか、頭に入らない。 普段、日常的に意識しないですむ単語だと、尚更ダメ。語彙が少なくて、すぐに理解が追いつかなくなるので、会話がちぐはぐになることも多い。 特に概念を表す言葉はハードルが高い。 反省、努力、工夫…etc まあ、大…

これまでのこと①

3歳のころ 保育園の先生から指摘があり、療育専門センターへ。 保育園の先生からは、 水道の流水をじーっといつまでも眺めていて、離そうとすると非常に嫌がる。 発達障害の可能性がある、とのことだった。 初めてのこどもなこともあり、訳も分からず同セン…

WISC-Ⅳ検査結果(6歳7か月)

全検査IQ 76 言語理解指標 80 知覚推理指標 71 ワーキングメモリ指標 76 処理速度指標 96 【所見】 言語理解指標 言葉の意味や概念を答える課題では、単語ではあるが答えることができる。 長文で答えることは難しいため、部分得点。 知覚推理指標 選択肢と…

はじめに

こんにちは。ぴい母と申します。 首都圏に住んでいる、中年会社員です。 夫と娘の三人暮らしです。 知的境界域にある、小学四年生の娘、ぴいとのあれこれを綴ります。境界域って、定義があいまいで、その曖昧さに振り回されたりしませんか。少なくともわたし…